土地などの不動産については、特定の相続人に不動産を相続させる代わりに、他の相続人に代償金を支払うことが多いようです。

代償分割でトラブルを避ける

 

代償分割とは。

 

相続財産の多くは、土地や家屋の事が多く、現金ならば分割もしやすいのですが
土地を分割というということは、とても難しい問題です。

 

3人兄弟が、相続をするとなった場合、長男が両親と共に住んでいた家が1億円の価値があり
貯金が2000万円ありそれを相続するという場合

 

長男は長年その代々伝わる、家に住んでおり、3分の1に分けるとなると、家を売却して
分けるしかありません、
すでにその土地で、生活や、仕事もしており代々伝わる家を売却するというのも
他の兄弟にしてもいくら権利があるにしても、長男にしたら、たまったものではありません。

 

そこで1億2000万円を、均等に分ければ一人、4000万円。
預金から1000万円づつを渡しても、3000万円足りないという計算です。
そこで長男は、その不足分を、自分の固有財産から支払うことで、均等に渡すということが出来ます。

 

この残りの一人当たり3000万円、合計6000万円を、代償分割と言います。

 

この時の代償分割の分を遺産分割協議書では「代償分割」と記載するようにします。
すると、この金額は贈与税がかかりません。

 

しかも代償分割をした長男は

 

1億円-6000万円=4000万円 となり
この4000万円に対しての相続をしたものとみなされるので、4000万円の相続ですね。
相続税も、この4000万円に対してかかってきます。

 

固有財産が6000万円というのは、とても限られたケースのようですが
生命保険や、死亡退職金の受取人を、長男にしておくと
その金額は、相続ではなく、長男の固有財産として扱われます。
生命保険を掛ける時に、受け取りの金額をたとえば1億円にしておくとこの6000万円に当てることが可能です。
家の相続税も、残りの生命保険から支払うことが出来ます。
これで各人すんなりと、分割が出来るということになります。

 

長男も1億円の不動産に対しての相続税のところが4000万円に対しての相続税で良いということになり節税にもなります。

 

他にも生前贈与を行うことで節税に繋がるケースもあります