代襲相続とは相続人が死亡している場合にその子供が代わりに遺産を受け取ることを言います。

代襲相続とは?

 

代襲相続という言葉を知っているでしょうか?

 

おそらく聞いたことが無い人が多いでしょうし、
実際に経験する人もそんなにいないのではないでしょうか。

 

 

亡人の子に相続の権利があるにも関わらず、子供が既に死亡しており、孫がいる場合
その孫に相続権が移ること代襲相続と言います。

 

例えば、亡くなった人に子供が2人居るとします。

 

そのうち1人はまだ生きているのですが、
もう1人は事故や病気で既に他界しているとしましょう。

 

この事故や病気で亡くなった人に子供が居た場合、
その子供に相続権があることが代襲相続なのです。

 

 

代襲相続は、相続の欠格や相続の排除があっても適用されます。

 

また例えになりますが、遺産が多くなるように、
誰かを脅迫・殺害、遺言書を隠したり破棄した場合、その人は相続の欠格となります。

 

相続の欠格になると、相続人としての権利を失うので、遺産は受け取れなくなってしまいます。

 

そんな相続の欠格になった人に子供が居て代襲相続の対象となった場合、これは遺産相続の権利を有しているのです。

 

色鉛筆とビックリマーク

これは非常に重要なので覚えておきましょう。

 

犯罪は許しがたい行為ですが、孫にあたる子供には罪がありません。
遺産相続の権利はしっかりとあるのです。

 

 

では、遺産の相続放棄があったとしたらどうなるでしょうか。
その場合は代襲相続の権利は孫であっても失われるのです。

 

亡くなった人の子供が相続破棄したら、
代襲相続のルールに従って孫へ権利が行くように感じますが、それはありません。

 

相続放棄した時点でその人は居ないものとして考えられるので、孫へ相続権が移行しないのです。

 

 

このように代襲相続では、
誰かの死亡、欠格、排除以外の理由で孫へ相続権が行くことは無いとされています。

 

祖父や祖母が亡くなり子供が居ない場合でも、遺産を受け取る権利があると覚えておきましょう。

 

これを知らないと、法律で守られた権利である遺産相続を行えません
気づいてもらえない場合は、しっかりと名乗り出て権利を主張するようにしてください。