最低限保証されている遺産を受け取れない時は遺留分減殺請求により受け取れる遺産を増やせます。

遺留分減殺請求とは?

 

遺言書に何が記載されているかは開封してみるまで分かりません。

 

愛する家族を大切に想う言葉が書いてある時もあれば、
家族を裏切る内容が書かれていることもあります。

 

中には、遺産のすべてを愛人へ渡すと書いてあるケースが存在しています。
土地や家も、預貯金もすべて愛人へ貢ぐと書いてあるのです。

 

そんな家族を裏切る内容が許されるのかと言うと、半分程度は許されてしまいます。
ですが、亡くなった人の意思を尊重するとは言っても、あまりにも受け入れがたい事実です。

 

もし、妻が働いておらず、子供も自立していなければ生活が壊れてしまうでしょう。

 

そんな時のために、最低限遺産を相続する権利があること遺留分と言います。

 

遺言書にどんな内容が書いてあっても
法律で定められた遺留分の保証額を下回る場合は権利を主張できます

 

それが遺留分減殺請求なのです。

 

 

相続人が妻だけの場合、子供が居る場合など、様々なパターンが存在しますが、
ほとんどのパターンで遺産の半分を遺留分として保障されています。

 

遺産が1,000万円あれば遺留分は500万円となるのです。

 

そして、受け取った遺産が無い、もしくは500万円を下回る時は
遺留分減殺請求によって遺産をさらに貰うことができます

 

愛人に遺産を相続させた場合で考えると、遺留分減殺請求は愛人に向けて行います。
それにより遺留分のお金を支払うように促す訳です。

 

このようなケースでは、愛人側は当然抵抗してくるでしょう。

 

支払いを行う気配が無いようなら
家庭裁判所に申立てして遺留分の権利を主張してください

 

 

芝生と白い家

 

もし、あなたが家族に一切遺産を遺さず、
愛人や別の誰かに全財産を残したいなら別の手段を実行するようにしましょう。

 

生前贈与などであれば遺産相続は関わってきませんが、
本当に家族を大切にしなくて良いのか考えてからにしてください

 

遺留分減殺請求を知らないと損してしまいます。
最低限の生活費などがあれば良いですが、そうでなければ人生が不幸になってしまいます。
不当な扱いには断固とした態度を取りましょう。