遺言書を勝手に開封することは法律で禁止されています。

遺言書を見つけた!どうすればいい?

 

びっくり

 

大切な人が亡くなって部屋の荷物を整理していたら、遺言書が見つかるかもしれません。
その時に絶対に注意しなければいけないのが、遺言書を開封してはいけないということです。

 

心情的にその場で開封したくなるでしょうが、どうにか我慢して押し留まりましょう。

 

なぜなら、中身を出して遺言書の中身を確認するのは法律で禁止されているからです。
この遺言書を開封するには、最初に検認という手続きをしなければいけないのです。

 

 

そもそも検認とは何でしょうか?

 

簡単に言うと、遺言書の偽造、改ざんされないために裁判所が証拠を残す手続きです。
遺言書の内容が法律的に問題ないのか、記述方法が正しいのかを確認するのはついでなのです。

 

仮に遺言書が自由に改ざんできる状態にあったとしたら、
誰かに内容を書き換えられた可能性が否定できなくなります。

 

ほとんどの場合が問題にはなりませんが、遺産相続について相続人同士でモメることになると、
遺言書が開封されている状態が極めて良くない結果を生み出します。

 

 

遺言書を見つけたら開封せずに、まずは家庭裁判所へ申立てましょう。

家庭裁判所のホームページを見れば管轄の場所が分かるはずです。

 

 

検認を依頼する人は誰でも構いません。
相続人でなければ申請できないということはありません

 

ちなみに、検認は少しだけ費用が掛かります。
遺言書1通につき収入印紙800円と郵送用の切手費用が必要です。

 

この際、相続人全員の戸籍謄本などがなくてはならないので準備しましょう

 

 

検認の手続きが進むと、家庭裁判所から「何日に開封します。」と連絡が来ます。
そうしたら、相続人全員でどこかへ集まりましょう。

 

期日になったら遺言書を持った人が相続人達の所へやってきます。
そこで初めて遺言書は開封されるのです。

 

遠方の人や都合が悪い人は欠席しても大丈夫です。
遺言書の内容がすぐに知れないだけで権利を失ったりはしません。

 

 

遺言書を見つけたら絶対に開封せず、検認の手続きを行うようにしましょう。
開けてしまうとトラブルになるかもしれないので注意が必要です。

 

遺言書がなかった場合に起こる問題