自筆で遺言書を残す場合は、ちょっとした記述ミスをするだけで無効になってしまいます。

遺言書が無効になってしまう場合

三本指を出す女性

 

愛する家族を想って遺言書を残したのに、
それが無効になってしまう場合が多々あります。

 

これは、記述方式が違ったり、内容に不備があったりと様々ですが、せっかく遺言書を書く以上は有効になるものにしましょう。

 

まず、遺言書には3つの種類が存在します。
自筆証書遺言秘密証書遺言公正証書遺言の3つです。

 

 

自筆証書遺言

一般的なのは、遺産を遺す人が家で書く自筆証書遺言です。
これが遺言書が無効になってしまう確率が一番高いタイプなのです。

 

 

第一に全文を直筆で書かなければいけません。

パソコンを使って作成した遺言書は無効になってしまいます。

 

 

また、日付や署名、印鑑が無くても遺言書は効力を持ちません

日付も西暦を含めて何日まで記載しなければ、遺言書として認めてもらえないのです。
ほんの少し情報が足りないだけで無効になると覚えておきましょう。

 

 

他にも、遺産相続の内容が曖昧だった時は無効と判断されてしまう可能性があります

どんな財産を誰に、どのぐらい渡すのかをしっかりと明記することを厳守しましょう。
1000万円しか無い遺産を妻に1000万円、
子供に1000万円残すというような無理な遺言も当然無効です。

 

 

 

秘密証書遺言

次に、秘密証書遺言です。

 

これは、書いた遺言書を役場に持って行き、
間違いなく本人が書いた遺言書だと証明してもらうものです。

 

「秘密」と名前が付くことから容易に推測できますが、
遺言書の中身は秘密にしたまま本人が書いた証明だけ行います

 

これのメリットは
遺言書が偽造であったり、別人が書いたものではないかという疑念を消せるところです。

 

さらに、この秘密証書遺言はパソコンで書いても問題ありません

 

自筆証書遺言は、本人が書いたかどうかを筆跡で確認するため、自筆が求められているのです。
本人が書いた証明を行う秘密証書遺言では自筆にこだわる必要がありません。

 

この秘密証書遺言ですが、内容は本人しか知らないため、
記述方法が間違っていれば残念ながら無効となるので注意しましょう

 

 

 

公正証書遺言

最後に公正証書遺言ですが、
これは遺言書の中身が法律的に問題ないかを確認した上で役場に保管するので、
無効となるケースはほぼ存在しないでしょう。

 

新しい遺言書が見つかった場合ぐらいでしょうか。

 

 

 

遺言書が無効になるケースが多いのは自筆で書いた時です。
自筆で書くのは誰でも簡単にできるので、その分ミスが多いのです。
無効にならないように慎重に書くようにしてください。

遺言書を見つけたら、どうすればいい?