自筆なら無料で作成できますが、公正証書遺言の場合は数万円~数十万円の費用が必要になります。

遺言書作成費用

 

費用

 

遺言書を残したいけれど、お金が掛かるのは嫌だと考えている人は居るでしょう。
漠然とそう考えているなら良くありません。

 

実際にどれだけの費用が掛かるのか正確に把握し、
遺言書を書くメリットや書かないデメリットを知りましょう。

 

 

自筆証書遺言

まず、一般的に自筆で書く遺言書ですが、お金は掛かりません

 

ペン印鑑、それから封筒があれば問題ないのです。
誰でも簡単に用意できるので、絶対に用意しておいた方が良いでしょう。

 

ですが、この自筆で残す自筆証書遺言は、
記述方法を間違うと無効になってしまうことが多いので、
間違わないように細心の注意を払って書くようにしてください

 

自信が無いなら記述方法を確認するようにしましょう。

 

書店で遺言書のガイド本や作成キットが安価で売っているので活用してみてください。
2,000円前後の値段で購入できるので、
遺言書が無効になるリスクを回避する料金としては安いです。

 

無効になる遺言書はどんな遺言書?

 

 

 

秘密証書遺言

次に、秘密証書遺言と言うものがあります。

 

これは自宅で書いた遺言書を公証役場へ持っていき、本人が書いた証明を行ってもらうものです。
遺産相続の金額や内容に関わらず、一律で1万1,000円になります。

 

他人が書いた偽物ではない証明になる上に、
自筆ではなくパソコンでの作成ができるのでおすすめです。

 

 

 

公正証書遺言

最後に、公正証書遺言があります。

 

これは本人が書いた証明の他に、遺言書の内容が法律的に問題ないと確認します。

 

つまり、公正証書遺言は間違いなく本人が書いた遺言書で、
内容も問題なく執行できることになります。

 

これを作成する費用はかなり掛かります。

 

まず、相続する遺産の金額によって手数料が変わります。

1,000万円までなら1万7,000円が手数料になり、
1億になると4万3,000円が手数料として必要となります。

 

さらに、遺言書を作成する際に証人となる人が2名以上必要となるため、
弁護士や行政書士に立ち会ってもらう必要が出てきます。

 

そうなると、立ち会ってもらうための費用が掛かりますし、
遺言書の内容を正しく執行する執行人への報酬も必要になります。

 

立ち合いの費用も執行する費用も数万程度ですが、
依頼する相手によって価格が違うので確認しておきましょう。