遺言書の種類と色々

遺言書の種類

 

遺言書には「普通方式」と「特別方式」があります。
普通方式は「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」があります。
特別方式は、遭難したときや、危急に直面したときにのみ認められる方式で、ほとんど用いられる事はありません。
数ある遺言書の種類なかでも自筆証書遺言と公正証書遺言が一般的ですので、詳しく解説していきたいと思います。

 

 

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは、遺言書を全文自筆で作成し、自身で遺言書を保管する方法です。
要件を満たせばいつでも、だれでも作成する事が可能であるため、遺言書作成キットを購入し、自身で作成される人が急増しています。
非常に手軽に作成できる方法ですが、書き方を間違え、遺言書に必要な要件を欠いてしまい無効となる事も多く、デメリットも少なくありません。
できれば作成後、専門家に見てもらい、その効力の有無を確かめておきましょう。

 

 

公正証書遺言とは

公正証書遺言とは公証役場で証人2人の立ち会いのもと「公証人」という方に作成してもらう方法です。
遺言の内容をあらかじめ決めておき、その内容を公証人に伝え、いくつかの確認をして作成は完了します。
公証人は、元裁判官の方や、元検察官といった、法律のプロ中のプロが任命されるため、法的な効力は心配ありません。
無効になる心配はほとんどないでしょう。