遺言書がないと、相続人以外に遺産を遺したかったとしても、その意志が反映されません。

遺言書がないとどうなる?

 

疑問

 

大切な家族が亡くなった時、悲しみに明け暮れている訳にはいきません。
葬儀や各種手続きが必要になってきます。

 

その中には遺産相続も含まれているのです。

 

もしかしたら遺言書が残されているかもしれませんが、
突発的な事故なら見つかる可能性は皆無です。

 

 

では、遺言書が見つからなかったらどうなるでしょうか?

 

 

真っ先に突き当たる問題として、死亡した人の銀行口座からお金を引き出せなくなります
死亡した人の預貯金は、正式な遺産相続が終わっていなければいけないのです。

 

遺言書があり、それが執行されれば煩雑な手続きの一部を省略できますが、
そうでなければ1ヶ月、最悪の場合は数ヶ月以上銀行口座を利用できません

 

生活の資金を一ヶ所に集めていたら大変なことになってしまいます。

 

 

遺言書が無いと、相続人同士のトラブルにも発展する可能性があります

 

例えば、住む家を相続したい妻と、現金が欲しい子供が居たとします。
この2人の話し合いがまとまらない限り、遺産相続の手続きは始まりません。

 

そうなると遺産相続はドロ沼状態となってしまうでしょう。
泣く泣く家や土地を売却して現金にして分割するような事態になり兼ねません。

 

そもそも両方が家を欲しいと言った場合も難しい問題になります。

 

遺言書で家や土地を誰に残すか書いてあれば、このトラブルは回避できるので、
覚えておきましょう。

 

 

また、相続人以外に遺産を遺したかったとしても、遺言書が無いとその思いは形になりません
介護してくれたヘルパーや生前にお世話になった人へ財産を残したいと考える人も居るでしょう。
基本的に相続人以外に遺産を遺すのであれば、遺言書に書くしかないのです。

 

 

このように、遺言書が無いとトラブルになるだけでなく、
大切な家族に迷惑をかけることになります。

 

特に、生活に必要な現金が引き出せなくなる状況は回避しなければいけないでしょう。

 

何十年も付き合いが無かったとしても、法律的に相続人となる相手は存在するかもしれません。

 

そのような人と連絡を取らなくてはいけない状況も出てしまうので、
遺言書は正しい書式で書き残しておきましょう